« ポケモンWCS2010レポート | トップページ | けいおん!!第5話「留守番!」感想 »

2010年4月30日 (金)

アニポケDP感想・結果は覆らない

DP174話「グランドフェスティバル開幕!炎と氷のアート!!」感想。

ヒカリのライバルたち全員集合。
ヒカリと彼らの会話が印象的だったな。
ケンゴとノゾミ、ノゾミとナオシなどライバルたちの会話もあり、それぞれの人間関係が垣間見えたのも良かった。

中でもヒカリとノゾミの関係は特別で、他のライバルたちとの競い合う関係とは違うものがあるなと思った。
ノゾミがヒカリの髪をすいてあげるシーンはライバルというより姉妹のように見えた。

大会の審査員として登場した3人のジョーイさんの出身地を即座に当てるタケシ。
凄いんだか凄くないんだかよくわからんスキルだ。

審査員にはジムリーダーのメリッサも登場。
こういう形で再登場するとは意外。

1次審査はそれぞれ得意のパフォーマンスで順当に勝ち抜くが、ケンゴのみ張り切りすぎてミスをしてしまい次のステージに進めなかった。
かつてのヒカリのスランプもそうだけど、DPは勝負の世界の厳しさを描くのに力入れてると改めて思った。準レギュラーキャラをここで落とすとはね。


初っ端から驚ろかされたGF編。
勝利の栄光と敗北の悔しさ、ヒカリがこの大会で手に入れるのはどちらになるのか。
次週も目が離せんぞこれ。

|

« ポケモンWCS2010レポート | トップページ | けいおん!!第5話「留守番!」感想 »

ポケモンアニメDP」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。4回目の投稿になります。ゼノンです。

ケンゴは今までのパターンからして、セミファイナルでヒカリと対決すると思っていたので、1次審査で敗退したのは驚きでした。2次審査進出率100%のハルカだったら、ケンゴのような失敗をしても2次審査に進出していたと思いますが、やはりそこがAGとDPの違いでしょうか。

コンテストバトルでヒカリとライバル達の当たり方を予想してみると、
2次審査ファーストステージ(BEST32) 
ヒカリVSウララ
セミファイナル(BEST4)
ヒカリVSムサリーナ  ノゾミVSナオシ
ファイナル(BEST2)
ヒカリVSノゾミ
のようになると思います。

個人的にですが、ケンゴがヒカリにヒカリの事が好きだと伝える時が来るのか、あるいはリラのように好きだという気持ちを伝えないまま終わるのか、気になるところです。

投稿: ゼノン | 2010年5月 4日 (火) 15時53分

こんにちは。グランドフェスティバル・開幕ですね。
ライバル達、皆好きですwやっぱりヒカリちゃんにとってノゾミ姉さんは特別な存在なんですね~

得意のパフォーマンス・・・まあ、そうでしたね。個人的にウララのパフォーマンスはつくられた感じがして好きじゃありませんでしたが・・・

まさかのケンゴ君一次落ち。彼のファンの私としては少しショックです・・・。

投稿: 莉理 | 2011年8月14日 (日) 21時35分

コメント返信:莉理さん

ノゾミは今までのポケモンアニメで描かれてきたライバルとは一線を画すキャラで好きでした。

ケンゴは、彼も頑張っているのに今一報われない感じがするのがちょっと可哀そうではあります。
けど他のキャラも負ける悔しさを味わっていますし、彼の敗北も例外なく描かれる予定だったんだと思います。

投稿: んがよぺ | 2011年8月16日 (火) 19時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1078701/34462619

この記事へのトラックバック一覧です: アニポケDP感想・結果は覆らない:

« ポケモンWCS2010レポート | トップページ | けいおん!!第5話「留守番!」感想 »