« アニポケDP感想・衝撃情報の正体 | トップページ | 光の軌跡クリア »

2010年4月 5日 (月)

ポケモンアニメのライバル

「ポケモンをバトルして集めていく達成感をアニメでそのままやってもしょうがない」

「別冊+act. Vol.1」という雑誌にポケモンアニメの関係者の対談が載っている。
↑はその対談の中の湯山監督の発言。
対談の他にアニメの製作過程、絵コンテや作画からアフレコまでの様子などが紹介されていて、ポケモンアニメ好きな人は目を通しておいて損はない内容だと思う。

Act
ちなみにこんな表紙。名探偵コナンや銀魂の特集もあるよん。

閑話休題
かつてポケモンと人気を二分したデジモンのアニメが復活するらしい?
バンダイから7月に新商品が発売され、同時期にはアニメの放送が始まるという噂を耳にした。
事実であれば2006年に放送されたデジモンセイバーズ以来、4年ぶりのアニメ放送か。
デジモンはアニメは頑張ってたと思うけど、スポンサーのバンダイがデジモンというキャラクターを大事に育ててなかった印象がある。
デジモンもね、一時期ポケモンと同じくらい好きだったキャラクターだからそれなりに思い出や語れることはあるんだけど、それについてはまたいつか。

戯言
ポケモンDPが始まった2006年にデジモンセイバーズが放送されていて、DPが終わるであろう年内に今度はデジモンの新作が始まるというのは、不思議なめぐり合わせを感じずにいられない。

|

« アニポケDP感想・衝撃情報の正体 | トップページ | 光の軌跡クリア »

ポケモン・雑記」カテゴリの記事

コメント

 デジモンの新作アニメと聞くと、
ああ、ライバルも頑張っているなという気になって、
少し応援したくなります。一部ではポケモンより人気のあるらしい、
メダロットも新作発売が決まっていますし。競争相手がいる事は喜ばしい事です。
ただ、「キャラクターを大事に育てていない」というのは、
外側の視点から見た時、実はポケモンは、デジモンを笑えない、
他人事とは言えないような気がしてしまったりします。
こんにちわわ。「一般人」ニドリーノ博士です。

>「ポケモンをバトルして集めていく達成感をアニメでそのままやってもしょうがない」
 実はこの点、ポケモンアニメを考える上で、極めて重要な点であると考えます。
というのも…ゲーム側の視点、あるいはゲームを売る、紹介するという視点から考えた時、
なるだけゲームの空気、ゲームの内容を、
忠実に再現した方が、好ましいと映りますし、それを望む声は、今もある。
例えば…ですが、今でも聞かれる、
「アニメはゲームの相性を無視するからダメだ」という様な意見も、
ゲームの視点から考えると、別段的を外した批判ではない。
ポケモンにタイプ毎の相性があること、それは特性のような例外がない限り、
「絶対」である事は、ゲームでは基礎知識中の基礎知識。
ゲーム側から言えば、守られるのが当然のルールである。
その守って当然のルールを守らないアニメは…という意見が、
ゲーム側に属する人から出るのも、自然な事といえるでしょう。
よって、ゲーム側から見た時、好ましいポケモンアニメとは、
「ポケモンをバトルして集めていく達成感を、アニメでそのままやる」アニメで、
なおかつ、「ゲームのルール、展開を尊守した内容の」アニメということになる。

 ですが、それがアニメ作品を制作する場合、
アニメにとって、好ましく働かない場合がある。
確かに、ゲームが定めているルールを厳格に守り、
ストーリー展開もきちんとなぞり、
主人公が積極的にポケモンをゲットし、進化させ、積極的にバトルをしていく内容のアニメは、
ゲームの紹介としては正しく、ゲーム原作のアニメのあり方としても正しいでしょう。
それはそれで好評を博すかもしれない。少なくとも、男児受けはいいと考える。
ただ、「それをやって、作品が面白くなるかどうか」を考えた時、
面白いものが出来上がるとは限らないし、むしろ適度に改変したり、
あえてルールを守らないことで、より面白くなる場合もある。
そして、湯山監督は、ポケモンをアニメ化するにあたり、
ポケモンをアニメとして、より楽しく、面白くするために、
「あえてルールを守らない」ことを選んだ。
それが上述の発言に繋がるのでしょう。

「原作そのまま」を喜ぶファンもいれば、
「面白ければ原作を少しくらい壊していても構わない」と考えるファンもいる。
ゲームとの連動性を重んじるようになった現在、
また、より一層、連動性を重んじるようになるであろう未来、
ゲームとの「繋がり」を重視する観点から、
ポケモンアニメも、いつまでもゲームのルールを、
意識的に無視するようなことを、今後も続けることは、
できなくなるかもしれません。
しかし、アニメが、アニメとしての面白さ、楽しさを追い求める事は、
連動性とは別に、間接的にではあるが、
ゲームにも恩恵を与えてくれると考える以上、
販促や連動性の確保に躍起になる余り、
どうかアニメの楽しさや、面白さを奪うような事は避けてくれと、
1人の元ポケモンファンとして、願う次第です。

投稿: ニドリーノ博士 | 2010年4月 6日 (火) 13時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1078701/34093498

この記事へのトラックバック一覧です: ポケモンアニメのライバル:

« アニポケDP感想・衝撃情報の正体 | トップページ | 光の軌跡クリア »