« 終了-ポケモンの間- | トップページ | ポケレン最新作ちょこっと感想 »

2010年3月 5日 (金)

へんしんゾロアーク+アニポケDP感想

あえて漢字にしない<へんしん

新情報来たよ

やっぱり化けるのねゾロアーク。ギラリと光る瞳がカッコいいよ。
でも映像見た限りじゃサトシの味方ってわけじゃなさそう。

苦手なタイプのテッカニンに追い回されてるセレビィが何か不憫だ。
「時を越えた遭遇」では操られて一度は命を落としてたし、今回も損な役回り?

エンテイ・スイクン・ライコウ、伝ポケが3匹とも操られるとは何事?
操っているあの男は一体何なのさ?

ゾロアークの事とか謎の男の事とか色々気になる映像だが、一番気になるのはこの予告の内容がどれだけ実際の映画に反映されるかだよ。
予告映像が当てにならないのはポケモン映画の伝統だからね。

「命を懸けてかかって来い!」
あの壮大な嘘予告はいつまでも忘れない。

ネタバレは付きものです>アニメ感想
ポケモンDP166話「発進!ナギサタワー!!」
ジム戦の最中にナギサタワーが飛んでっちゃった!

ロケット団がタワー盗んじゃったから取り返そうというお話。

Dp1661 Dp1663Dp1662 Dp1664
巨大なタワーをあっさり空に打ち上げてしまうロケット団。
相変わず謎の超技術。
コックピットもなんか凄いことになってるし、水平飛行に移行したらそれに応じてコックピットを移動させるこだわりっぷり。
もうあんたらロケット団辞めて技術者として働けよ。

Dp1669 Dp16610
タワー内でのバトル中ハヤシガメがドダイトスに進化。
しかし唐突感は否めないし、先日のゴウカザル進化に比べると地味な進化イベントだな。

Dp16611
でもよろめいたサトシとピカチュウを支えているこのシーンは好きだ。
どっしり構えてる姿が頼もしい。

タワーは奪回したが、修理に時間がかかるのでジム戦はしばらくお預け。
一同は先にヒカリのグランドフェスティバル出場のためにリッシ湖へ向かうことに。

バッジ揃った後でグラフェス→リーグという流れになると思ってたからこの展開は意外。
新作の発売控えてるからテンポ良く一気に物語を進めて最終回まで持っていくつもりなのかな。

最後に今回一番印象に残った台詞を。

Dp16612
「自動ドアってこういう時めんどうだよな」
電力の供給が止まり動かないドアを手動でこじ開けた時のオーバの台詞。
電気というか機械に頼っている文化を皮肉ってるように聞こえた。

映画7作目でも、舞台となった町のシステムに異常が出た途端に機械は役立たずの置物と化し、それに振り回されてる人々の姿があった。
今回の話はその状況に近いというか、町の雰囲気が似てるなぁと感じてたので、オーバのこの台詞がやけに印象に残った。

ポケモンアニメはこうやって時々色んな事を皮肉ってるから面白いなと思う。
まぁ自分がそう思ってるだけで、本当にそういう意図があるかは分かんないけど。

|

« 終了-ポケモンの間- | トップページ | ポケレン最新作ちょこっと感想 »

ポケモンアニメDP」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1078701/33645499

この記事へのトラックバック一覧です: へんしんゾロアーク+アニポケDP感想:

« 終了-ポケモンの間- | トップページ | ポケレン最新作ちょこっと感想 »