« 新カードL2、どう使おうか | トップページ | つぶやき-こんにちは天装戦隊- »

2010年2月13日 (土)

アニポケDP感想・ゴウカザル

発売したばかりの新しいカードを使ったデッキを作成中。
明日の大会、このデッキで自分らしさをだせるかどうか。
1勝できれば上出来。

コロコロコミックのフラゲ情報によって公式発表を待たずに新ポケモンの姿が露になってしまった。
pixivにもそのポケモンのイラストが既に投稿されてるし。
ネット世界にネタバレ自重なんて言葉は通用しない。

アニメ感想。ネタバレですよ。
DP163話「爆進化!ゴウカザル!」

Dp1631 Dp1632
ジュンと再会したサトシたち。
既にバッジを8つ集め相棒のエンペルトもかなり強くなった様子。
でもジュンってあまり強いってイメージないんだよな。
サトシに一度も勝って無いからかな。

Dp1635 Dp1636
立ち寄ったポケモンセンターでシンジと遭遇。
ジュンにとっては憧れのシンジと念願叶っての対面だが、シンジはバトルの申し出を断りそっけない態度。

Dp1633 しかしサトシに対するこの表情はなんだ。

Dp1634 サトシのこの表情もなんなんだ。

シンジは勝者でサトシは敗者なのに、2人の表情には勝利の優越感も敗北の悔しさも感じられない。

Dp16317
シンジが去った後フルバトルで負けたことをジュンに話すサトシ。
「あいつとは色々あったけど俺にはないものをいっぱい持ってるって分かったから」
おぅ?何時の間にサトシはシンジのことを認められるようになったんだ?

Dp1638 Dp16310
ジュンのエンペルトとのバトルで再び暴走するモウカザル。
乱入してきたロケット団を撃退するもののピカチュウたちはロケット団のメカの中に閉じ込められたまま。

Dp16318Dp16311
そこへシンジがエレブーを繰り出し「まもる」でメカの崩壊を抑える。
シンジがサトシのポケモンを助けただと?

Dp16313 Dp16319
モウカザルを押さえつけて「力に飲まれるな一緒に強くなろう」と語りけかるサトシ。

Dp16320 Dp16314
その想いが通じ猛火のエネルギーでゴウカザルへと進化。

Dp16321ピカチュウたちを助けることにも成功。

Dp16315Dp16316
もう一度フルバトルを。
シンオウリーグの舞台で会うことを約束し去っていくシンジとそれに応えるサトシ。

何だろう。今回の2人の関係は。
サトシの発言とシンジの行動、フルバトル以前の2人にはありえないことだ。
全力を出したあのバトルで2人は勝ち負けとは違う大事な何かを見つけたんだろうか。
その何かが今回の行動につながったのだろうか。

勝ったほうが肯定され負けたほうが否定される。
2人の関係に決着が付くにはそれしかないとDP開始当初は思っていたが、もしかしたら2人は互いを理解できる唯一無二の友になれるかもしれない。
そんな可能性を期待させるお話だったように思えた。

こういう話しをやるって事はいよいよDPの物語が終わりへ向かってるということなんだな。

Dp16322
ポケモンセンターのテレビでグランドフェスティバルの情報も流れていたし、ヒカリの物語にはどんな結末が待ってるのやら。

今回のお話はサトシとシンジのやり取りはとてもよかったんだが、作画がちょっと残念だったかな。
前回のコンテストの作画が気合入り過ぎててどうしても見劣りしてしまった。

Dp1637 Dp16312
今回の一番の突っ込みどころ。
火炎車の直撃を受け炎に包まれてるのに何故か無傷のサトシ。
ポケモンの事となると無茶で無敵の超人となる。
今まで何度も見てきたけど突っ込まないと気がすまん。

|

« 新カードL2、どう使おうか | トップページ | つぶやき-こんにちは天装戦隊- »

ポケモンアニメDP」カテゴリの記事

コメント

今回はまさに爆進化でした。

>ジュン
8つ目を手に入れてかなり調子こいてる振る舞いでしたね。
エンペルトは本当にたくましく見えます。
でもいい加減罰金発言は自重してもらいたい。(おいっ

>シンジとサトシの関係の件
やっぱり前のフルバトルで二人のバトルスタイルを学習したから徐々にライバル意識を高め合ってきてるのかもしれません。
このため余計な突っ込みをしなくなったのかもしれない。

>モウカザルがゴウカザルへ進化
やっぱりこれは避けては通れない試練なのだろうか?
ヒコザルの頃からもうかの力をコントロールできず、モウカザルになっても未だに克服できずにいたのだからサトシもかなりヒヤっとしたのかもしれないなぁ。
前はもうかの力は使わないと誓ったサトシも今回は克服できるように促しましたからね。
それにしても進化するとその姿が孫○空に見えてしまうのは俺だけ?
流石にそばにいたシンジも彼の飛躍的な成長に度肝を抜かれたのでしょうね。
そしてシンオウリーグで雌雄を決することとなるわけですね。
まだポケリンガでしかシンジに勝ててないのでぜひ力を発揮して前回のリベンジしてもらいたい。

>ロケット団
作戦は完璧に見えたが、やっぱり最後は飛ばされてしまう。
それがロケット団クオリティ。┐(´д`)┌ヤレヤレ

長くなりましたが以上です。

投稿: ピチュー大好き | 2010年2月13日 (土) 22時28分

コメント返信:ピチュー大好きさん
>ジュン
フカマルに勝ったの忘れてた。
でも強いのに強そうに見えない。
罰金発言のせいなのか?
でもそれを取り上げたらジュンらしくないと思うんだよ。

>シンジとサトシ
本当の意味でライバルになれたのかもしれませんね。
単におまえのやり方が気に入らないというレベルではないですね。

>ゴウカザル
もうかの力を真に使いこなすためにもう一波乱ありそうな気も。
そのときサトシはシンジはどうするのか。
炎に包まれても平気なサトシのほうがゴウカザルよりサイヤ人に近いかも

>ロケット団
発想は素敵。
でも詰めは甘い。
それでも飛ばされる様は一種の芸術?
それがロケット団。

コメントありがとうございました。

投稿: んがよぺ | 2010年2月16日 (火) 00時06分

こんばんは。3回目の投稿になるゼノンです。

シンジがポケモン達を助けたのはおそらく、自分のポケモンを強くするために自分のポケモンにダメージをあたえることはあっても、無意味にポケモンを傷つけるようなことはしないからだろうと思います。
以前、シンジはヒコザルがまだ自分の手持ちポケモンだった時に、自分のポケモン達でヒコザルに集中砲火をしていましたが、あれは虐待のためではなく、ヒコザルが秘めている強力なもうかを引き出すためでした。だから、DP52話で見込みがないと判断して、ヒコザルを逃がしました。

もうひとつ、シンジの強さの秘密について考えてみました。
サトシは、ポケモンマスターという目標に向かってポケモン達と一緒に頑張っていこうと思っていて、ジム戦やバトルフロンティア制覇以外にも、AG191・192話でトネリコタウンポケモンコンテスト特別大会、DP11・12話でポケモンコンテストコトブキ大会、DP77・78話でミクリカップに出場しています。
サトシの強さは、今までの話からして、ポケモンに対しての愛情や優しさからきていると思います。

それに対してシンジは、リーグ挑戦はこなすものじゃなく、懸けるものだという考えがあり、その覚悟がシンジの強さになっていると思います。
サトシは、もっと自分のポケモンに優しくしろよと言っているので、サトシを甘い奴だと考えています。
「灼熱のヒコザル!」でサトシがミクリカップに出場したことに異議を唱えたのは、サトシがリーグ挑戦に懸けていないように見えたからかもしれません。
DP128話でジンダイにバトルを申し込んだのは、甘くて覚悟のない格下な奴と思っていたサトシが、かつて自分の兄が全く歯が立たなかったジンダイに勝ったと知って、強い憤りを覚えたための行動でしょう。

長くなってしまいましたが、あくまで見解なので参考程度に受け止めて下さい。

サトシとシンジの今後が楽しみです。

投稿: ゼノン | 2010年5月 4日 (火) 00時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1078701/33364990

この記事へのトラックバック一覧です: アニポケDP感想・ゴウカザル:

« 新カードL2、どう使おうか | トップページ | つぶやき-こんにちは天装戦隊- »