« 変な人 | トップページ | さらばエメラルド »

2010年1月16日 (土)

ポケモンレンジャー最新作とアニポケ感想

ポケモンゲームの最新作が出るそうな。
ポケモンレンジャー光の軌跡
レンジャーは2年おきのリリースで今回で3作目。
1作目が第3世代から第4世代への橋渡し的な作品だったから、時期的にこれも同じ役目を持った作品なのかも。
配信ミッションに第5世代に繋がる何らかの仕掛けがあると予想。
システム面では通信協力ミッションが個人的には楽しみかな。
通信を使った協力プレイというのはポケモンのゲームであれば当然の機能だと思うし、3作目にしてようやくかという感じ。
でも一緒に遊んでくれる人が近くにいな・・・

アニメでもまたレンジャーが出て来るんだろうけど、どんな話になるのか。
過去に登場したヒナタとハジメがレンジャーとして既に一人前だったからな、個人的には新人レンジャーが成長する話とか見てみたいんだがどうだろう。

まぁ何にせよポケモンレンジャー最新作楽しみにしてるよ。
アクションゲームは苦手だけど、ポケモンの特徴が本家より視覚化できるからこういうソフトはもっと出して欲しいな。

続けてアニポケ感想。
DP159話「唸れれいとうパンチ!ブイゼルVSバリヤード!!」
バリヤードと共に修行するトレーナーキジュウロウとのバトルに負け、再戦に向けてサトシとブイゼルが冷凍パンチの特訓をするというお話。

Dp1592
このキジュウロウという男、変な略語を使っていて最初は思いっきり違和感あったのに後半になったら気にならなくなってた。
慣れって嫌だ。
でも言葉遊びとしてはちょっとイマイチかも。
言葉遊びなら武上さんの脚本のほうが面白いと思う。個人的に。

Dp1591
今週のベストショット。
サトシがブイゼルと一緒に悩んでるのがいいね。
一緒に悩んで一緒に努力した結果として技を習得する。
ベタな展開だけどポケモンアニメに必要な価値を描いてる。

バリヤードの再戦は「特性:すいすい」を利用した高速冷凍パンチでブイゼルの勝利。
ブイゼルの特性発動はトバリジム戦以来だったかな。
あの時は偶発的に新しいワザを習得したけど、今回のように特訓してワザ習得の方が自分は好きだな。

そういやブイゼルは進化しないのかね。
新OPではモウカザルとハヤシガメの進化は確定してるがブイゼルはそのままだったし。

先週も書いたけどぽけあに様の更新停止はやっぱり寂しいわ。
色んな人の感想が見られない物足りなさがじわじわとね。

|

« 変な人 | トップページ | さらばエメラルド »

ポケモンアニメDP」カテゴリの記事

コメント

だいぶ遅くなりましたが、新年初のコメントとさせていただきます。

レンジャー最新作は購入するつもりは今のところありません。
初代をプレイしてちょっと物足りなさを感じたもので・・・。
それと、手首が痛くなった思い出(?)が。

これまでのパターンから行くと、やっぱり第5世代へ繋がる何かがあるのでしょうかね。
個人的には、まだ4世代までのポケモンで十分いけると思うのですが・・・。
まあ、「先手を打つ」というのは大事なんでしょうけど。
今度は500台に突入・・・ですかね。

そして前回の感想で仰っていた、サトシの旅の終わり・・・。
やっぱり第5世代を区切りとする意図があると考えるべきなのでしょうか・・・?
以前どこかで読んだのですが、ポケモンアニメの最終回構想は無印時代に、
すでにある程度完成していたという記述を見た覚えがあります。
今となっては記憶が曖昧なのですが・・・。

投稿: SOH | 2010年1月16日 (土) 11時48分

返信:SOHさん
コメントありがとうございます。今年もよろしくお願いします。

レンジャーシリーズは、ボタン操作の多いアクションゲームが苦手な自分にはタッチペンだけで操作できる設計が遊びやすくて結構気に入ってます。
タッチペンを回すと疲れるのだけはどうにもなりませんが(汗

新世代のポケモンが出てくれば過去のポケモンの影が薄くなるというこれまでのパターンが懸念されますが、昨年の映画や今作のピチューのようにキャラクターの再利用をすれば少しは改善されるのではないかと思います。
この作品はそのための実験的な意味もあるのかもしれません。

アニポケ最終回は、アニメスタイルの首藤さんのコラムで何度もそれについて書かれているので、多分首藤さんの発言が元ネタかと。
首藤さんはアニポケ初期から最終回を意識して脚本を書いていたそうです。
現在のアニポケは首藤さんの手を離れているのでどういうラストになるのかは想像がつきませんが、サトシの成長、シンジとの対立で得られる何かが重要な鍵になるとは思います。

投稿: んがよぺ | 2010年1月17日 (日) 13時12分

ではでは自分も。

ポケレン最新作はマジで買いますよ。ぐるぐる囲む作業はかなりしんどいですが、
ストーリーはかなりいいのでまた違った方向で楽しめそうです。
そうなるとまたアニメでポケレン関連を放送するのかな?

それでは本題。
キジュウロウの略語はかなり難解でしたよ。かなり無理やりに略してるんだからそれをくみ取るのが大変で…
ブイゼルの飛躍的な成長は負けず嫌いの性格にぴったりフィット。「チャレンジャー!」が流れたところは一番わくわくさせてくれます。
バリヤードとのリベンジバトルはどちらかというと運も良かったんじゃないかと。
特性「すいすい」を忘れかけてたところだったのでこれを機にまた再確認できたわけで。

DPtに続く「第5世代」構想があるようですがどうなのでしょうかね。
今年の映画に伏せられてるポケモンのことを考えるとまた新ポケモンを用意しているのでしょうかね。
こうなるとついに600匹以上を超えてしまいそうです。もしかしたら1000匹なんてことも??
アニメのほうはサトシのままで次世代へ継承するのかは今のところわかりませんね。

では失礼します。

投稿: ピチュー大好き | 2010年1月20日 (水) 21時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1078701/33001611

この記事へのトラックバック一覧です: ポケモンレンジャー最新作とアニポケ感想:

« 変な人 | トップページ | さらばエメラルド »