« マイケルで10億円 | トップページ | けいおん!2期に思うこと »

2010年1月29日 (金)

来る第5世代+アニポケDP感想

㈱ポケモンのふいうち!

『ポケットモンスター』シリーズ完全新作 2010年内発売に向けて開発中!

こうかはばつぐんだ!

・・・・ってえええ!!??

2週間前にレンジャーの最新作出すって発表したばかりじゃん。
動きがあるとすればレンジャー発売後か映画の正式タイトル解禁後だと思ってたのに意外すぎた。

以下考察。

ハードがDSのままというのが気になるというか不安というか。
新金銀でDSで出来ることはやりきったように思ってるんだが、1年足らずでアレを超えるものが作れるんだろうか?
ゲームフリークにはDSの可能性をさらに引き出す秘策でもあるのか?

新ポケモンのプロモーションはどうするのか。
現時点で第5世代の新ポケモンの情報は何もなし。
かつては新作が出る一年以上前にアニメや映画で新世代のポケモンが先行登場し、新世代への橋渡し役を担っていたが。
第5世代はどうやってポケモンをアピールしていくつもりなんだ?

新作が出るということはアニメも変わる、放送中のポケモンDPが終わるということで。
ポケモンDPの終わりが、
サトシが主役のアニポケの終わりとなるのか、
サトシが新しいアニメにも続投してサトシの旅の一区切りになるだけなのか、
自分に考えられる結末はこの2つだけ。

前者を希望しているのだがどうなるやら。

それでは終わることが決まったポケモンDPの感想を。
161話「開幕!ポケモンコンテスト・アサツキ大会!!」
5個目のリボンをかけた大会でヒカリに異変が?

Dp1612 Dp1611
久々の登場のウララ。彼女のプラスルとマイナンを見て突然倒れるヒカリ。
幼稚園の時に世話をしてたプラスルとマイナンに突然攻撃されたことがトラウマになっているようだ。

Dp1614Dp1613
その時の爆発ヘアーを見てケンゴが「ピカリ」とあだ名をつけたことでずっとからかわれていたのか。
これまで何度かあだ名のことは話しに出てきたが、正直スタッフも忘れている設定だと思っていたので、今になって真相が明らかになるとは意外だったな。

Dp1615
少し脱線するが、幼稚園の先生の紙芝居の話が「ウサギとカメ」ならぬ「ミミロルとナエトル」だったのがなんか笑えてしまった。

コンテスト本番は、ムサシ・ウララ・ヒカリが独自の演技で1次審査を突破。
AG時代のムサシはズルばかりして惨めな結果しか出せなかったが、DPのコンテストでは本気で勝ちにきているからヒカリにとっては手強いライバルになってる。

Dp1616Dp1617Dp1618
ヒカリのトラウマのことを知りプラスルとマイナンを使って揺さぶりをかけるウララ。
AGでムサシやハーリーがハルカに対して行った嫌がらせの数々を思い出した。
その様子を当事者だったムサシが余裕の表情で見ているんだから面白い。

決着は次回へ持ち越し。
ヒカリはトラウマを克服しリボンゲットなるか。

|

« マイケルで10億円 | トップページ | けいおん!2期に思うこと »

ポケモンアニメDP」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

正直、「早い」というのが率直な感想です。
金銀でまだまだいけそうな気がしていただけに・・・。
まだWCSの決勝大会も終わってないのになぁ・・・。

プロモーションやアピールに関しては、正直心配はないんですよね・・・。
ポケモンは既に「出せば売れる」ブランドになっているので、
そんなに躍起にプロモーション、アピールする必要はないと感じるわけで・・・。
まあ、手を抜かないということは今後のためにも必要なことでしょうけどね。

アニメは最近多忙なせいもあって、ブルーレイに録画が溜まってます・・・。
やるべきことを終えたら、まとめて見ようかなと。
感想はネタバレ覚悟でいつも楽しませていただいてます。

投稿: SOH | 2010年1月30日 (土) 00時05分

コメント返信:SOHさん
早いと感じるということは、それだけDP発売以降のポケモンが充実していたという証明だと思います。
熱が冷めないうちに次の手を打つということなんでしょう。たぶん。

ここまで新ポケモンの情報が何もないのは、何か大きなプロモーションを仕掛ける準備をしているのかと予想しています。
新ポケモンも確実に売れるとは思いますが、
ただ、既存ポケモンとのすり合わせ、新ポケモンばかりが目立って過去のポケモンの影が薄くなってしまうこれまでのパターンを崩せるかどうかは気になります。

自分の感想はかなり偏っているというか、変な先入観を与えてるのではと思うのですが、それでもよろしければこれからも読んでやってください。

コメントありがとうございました。

投稿: んがよぺ | 2010年1月31日 (日) 01時00分

こんばんは。
さて、第5世代(仮)がついに発表されたわけですが、
HG、SSが発売されてあまり経ってないところで新作発表という不意打ちはあまりにもはやすぎますよね。

ポケモンは今では国民的ゲームとでも言うべき顔なので出せばすぐに売れるのは当然なこと。
だから早いうちに宣伝して世間に広め、ゲームの期待度を高めようとしたのかもしれませんね。

ではアニメのほうへ。
まさかカスミ、ハルカに続き、ヒロインの苦手(トラウマ)ポケモンがヒカリにも及ぶとは。
ヒカリがプラマイの扱い方を誤らなければこんなトラウマを残さずに済んだのかもしれませんね。
でもヒカリの髪質は本当に電気を通しやすくってよく爆発してますよね。
これがきっかけでパチリスのときも髪の毛が爆発したんですよね。
ヒカリのウルウル目のワンショットはかなり萌えてしまうのは俺だけ?

はたしてウララとの戦いでプラマイのトラウマを乗り越えられるのか。
そしてヒノアラシとマンムーのコンボ技は成功するのか楽しみです。

投稿: ピチュー大好き | 2010年1月31日 (日) 21時57分

 ポケモンの次回作、話が出るならばそろそろ…と考えてはいましたが、
今年度中の発売を考えているとは、大きく出たなと感じる一方、
事前に何の情報もないところに、「次回作を出します。今年中に!」と発表したことは、
裏返せば、「新作の制作はかなりの段階(7~80%程度?)まで進んでいる」こと、
「今後の展開も含め、ポケモン側は準備を既に整えている」からこそ、
大きく出てきた…と読むことができる。
今年1年を新作の色で、鮮やかにポケモンを染め上げられる自信がなければ、
ここまで大きく出ることはないものと存じます。

また、ハードに関しても、
制作にかかる速度については、DSのままということで、
DPやHG/SSのエンジン流用が利いたものと推測できますし、
加えて、新ハードの登場を待たずしてポケモンの完全新作を出す、というのは、
「DSというハードには、まだまだ遊びの幅、可能性がある」、
「ぼくらは、まだDSを使って送り出せる『遊び』を、出し尽くしていない」という、
任天堂ならびにゲームフリークからの、ユーザーに対する返答とも解釈できます。
「DSという遊び場には、まだまだ面白い遊びがあるぞ」と。

 しかし、ここでこんな事を言うのもなんですが、
私はつい最近、「自分とポケモンを最後まで繋いでいた何か」がふつと切れ、
大変に名残惜しいのですが、ポケモン卒業を決めたところ。
「もう自分は、ポケモンと共には歩めない」という現実を、
この程、受け入れることを決めました。
愛情を失ったのでも無ければ、ポケモンが「チャチ」に見える様になったワケでもない。
不思議と今も『ポケモン達』の事は好きですし、
ポケモンは幼稚だ、だがそれがいいと考える私にとって、
ポケモンの「チャチ」さは、愛おしくもある。
ただ…「ボクはもう、ポケモンと一緒に歩めない」のだと、
そして、「自分とポケモンの間にある、求めるモノの違いは、あまりに深い」と、
そう云う現実を見据え、身を引こうと決めた次第。

「新作」にお供する事ができず、真に申し訳ありません。

投稿: ニドリーノ博士 | 2010年2月 1日 (月) 05時14分

コメント返信:遅くなって申し訳ない。

ピチュー大好きさん
>ポケモン完全新作
確実に売れる、売ってみせるという自信があってこその情報公開なんでしょうね。
一体どんな作品になるのか今後の情報に要注目ですね。

>ヒカリのトラウマ
ポケモンの方から悪いことをするはずがない、
ヒカリのポケモンとの接し方に問題があったというというタケシの言葉も印象的でしたね。
ヒカリもまだトレーナーとして未熟なんだと感じ、
次回はトラウマを克服し成長することが出来るか楽しみです。
ヒカリのうるうる目は卑怯だと思います。

ニドリーノ博士さん
>不思議と今も『ポケモン達』の事は好きですし
ポケモンと一緒に歩めなくても、自分もそちら側へ行く時が来るかもしれないけど、この気持ちだけは真実。
それだけは失くしたくない、失くさないでほしいです。

コメントありがとうございました。
また覗きに来てやってください。

投稿: んがよぺ | 2010年2月 3日 (水) 07時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1078701/33172401

この記事へのトラックバック一覧です: 来る第5世代+アニポケDP感想:

« マイケルで10億円 | トップページ | けいおん!2期に思うこと »