« つぶやき-投票- | トップページ | つぶやき-新・金銀- »

2009年8月28日 (金)

アニポケDP感想・不思議な世界

つぶやいてばかりも何なのでポケモンアニメの感想書きます。
というか何故今まで一度も書かなかった。

ポケモンDP第140話「ネイティ、ネイティオ…不思議な森!」
森の中に不思議なサーカスのテントがあって、その中に入ったら不思議な体験をしましたよ
というお話

巨大化したポケモンたち(正確にはサトシたちが小さくなった対比として大きく見える)が出てくるのは2007年に放送されたムウマージのエピソード以来か。
そのエピソードでは巨大化したポケモンはムウマージが見せた幻、ムウマージの悪戯で作り出された夢の世界の出来事であって、早い話が夢オチだった。

でも今回の場合はサトシたちが体験したことが完全に幻だったのか、ちょっとあやふやな印象がある。
ムウマージは悪戯でちょっかいを出しただけだったが、ネイティとネイティオは何故サトシたちの前に現れたのかはっきりしない。
一応ジュンの父クロツグが自分の見解を語るが、それが答えだとは言いきれない雰囲気だったしな。

このあやふやさが個人的には好きだ。
ただの悪戯だったのか、未来ある子供たちに財産となる体験をさせたのか、それとも他の理由があるのか。
いくらでも想像の余地があるってのは楽しい。自分としてはクロツグの見解を支持したいが。

一方、フタバ祭りの会場では、ロケット団は店の売り上げを賭けてトサキントすくいで真剣勝負をし、タケシは店番を任せられるものの客が来なくて退屈してしまう。
サトシたちの体験があやふやなものであるのに対しこちらはハッキリとした紛れも無い現実の体験。
祭りの描写がハッキリすることで余計にサトシたちの体験のあやふやさが際立っていたように感じた。

もう一度言うけどこのあやふやさが個人的にはツボだ。
ポケモンの不思議を描いたエピソードとしては優れたお話だったと思う。
来週のバトルメインの回のほうが注目は集まるんだろうけど、こういうお話もしっかり見てほしいなと思ったり。

しつこく言うけど、あくまで個人的に好きだってだけだからね。

|

« つぶやき-投票- | トップページ | つぶやき-新・金銀- »

ポケモンアニメDP」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1078701/31144836

この記事へのトラックバック一覧です: アニポケDP感想・不思議な世界:

« つぶやき-投票- | トップページ | つぶやき-新・金銀- »